映画「ツレがうつになりまして」



個人的評価:★★★☆☆

やーっと観ました。原作を少し前に読みました。公開当時から、ずっと観てみたかったのです。でもなかなか観られなくて、やっとHuluで観ました。

夫側と妻側の両方からチラッと描かれています。妻側の方が多いかな?
鬱になる原因、感じ方、治療、その人を支える身近な人々や家族、そういったことを丁寧に描こうと思ったら到底2時間ではまとまらないし、真面目に描いてしまうときっと重い作品になってしまうと思うので、この作品はきっとこれがベストなのだと思います。この出演者、テンポだからこそ、多くの方に観てもらえるんじゃないかな。
テーマがテーマなだけに重くなるかと思いきや、このほんわか雰囲気の主演のお二人、お二人の愛溢れる夫婦関係、そういったことがしっかり柔和してるかと。

私は夫側(ツレ)の視点で観たので、何度も涙するところがありました。ツレと一緒に苦しみながら、涙しながら観ていました。ふぅ、辛かった。
この作品を通して少しでも鬱に苦しんでいる人は「苦しい!」と正直に言えたり、鬱じゃない人にも理解してもらえたり、鬱じゃない人もこれから予防に役立てたり、そういう風になればいいなと思います。



[PR]
by MMHLY | 2014-11-24 16:15 | ミタモノ

観たもの読んだものを記録


by MMHLY